渡辺建設は、栃木県で土木工事をはじめ街のインフラ整備を主な業務とする総合建設会社です。

私たちは土木工事や建築工事を通して、変化に富んだ社会情勢にマッチした快適な空間の創造と地域ごとに取り組んでいくべき環境への配慮を心がけています。

ただ開発するだけではなく、そこに住む人を中心とした生活空間を創造すること。それが自然と社会が調和した、時代が求める空間づくりにつながると考えています。

工事技術への取り組み

渡辺建設では業務の要である土木工事などにおいて常に最良の技術工法を提案いたします。
現在弊社土木工事・建築工事での主力となる工法を紹介いたします。

老朽化した管の更生(土木工事)
■SPR工法
人孔内に設置した製管機により更生管用プロファイル(硬質塩化ビニール樹脂)を設置し既設管と更生管の僅かな空間に本工法の為に開発した特殊な裏込めモルタルを専用の装置で注入します。取り付け管等は事前にマーキングして取り付け管より削孔機により取り付け管口を削孔し最後に本管とインバートの仕上げをして作業が終了します。
■EPR工法
軽量、高強度、長期耐久性に優れたエンジニアリング・プラスチックにガラスクロスや、カーボンクロスを用い、管ズレ、管破損箇所の更生を内面から非開削で行う工法です。
小口径から大口径、ボックスカルバート等の部分補修に威力を発揮します。

家づくり(建築工事)
■KESシステム
KESシステムの家づくりの主役は、「木」。とりわけ国産の木材を使うのがポリシーです。
森の中で木々に包まれている時に感じる心地よさ。KESはそんな森の持つ安らぎと、命を育む強さを住まいで表現しました。

弊社も加盟しているKESシステムグループは豊かさと健康を考えた「クオリティーオブライフ」を実現するため、木造空間を追求しています。

工事品質への取り組み

渡辺建設株式会社は、土木工事・建設工事をはじめとした総合建設業として地球環境に配慮し、皆様に信頼され愛される企業で有り続けたいと思っています。そのためにISO9001・ISO14001に基づき活動しております。

品質マネジメントシステム【ISO9001:2008】

(品質方針)
「顧客と地域社会に安心と満足の品質を提供する」
顧客満足の向上を図るため、業務の継続的改善活動を実施し、変化する顧客ニーズに適合する製品とサービスを提供するとともに、顧客に求められる企業として経営基盤の強化を図る。

ISO9001a ISO9001b

環境への取り組み

環境マネジメントシステム【ISO14001:2004】

 (環境方針)
当社は、建築物の設計・施工及び土木構造物の施工において、社会的ニーズを考慮し、事業活動による環境負荷の低減を図るため、全社一丸となって取り組み、地球環境保全に貢献する企業を目指す。

1.環境マネジメントシステムを継続的に改善し、パフォーマンス向上を図る。
2.関連法規制及びお客さまなどからの当社が同意するその他の要求事項を順守する。
3.次の事項について、環境目的及び目標を設定し、汚染の予防を図る。
  ① 建築物の環境配慮設計を推進する。
  ② 排出ガスの発生を抑制し、地球温暖化を防止する。
  ③ 産業廃棄物の発生低減、リサイクルの推進を図る。
  ④ 省資源及び省エネルギー活動を推進する。
  ④ 省資源及び省エネルギー活動を推進する。
4.この方針を達成するため、当社の社員、協力会社へ周知し、確実の実行する。
5.この環境方針は、一般の人々に公開する。

ISO14001a ISO14001b

BCP(事業継続計画)への取り組み

事業継続計画の策定趣旨
「事業継続計画」は、大規模な災害が発生した場合、弊社の社員、勤務者、社屋、設備、施工中の現場、協力会社などに相当の被害を受けても、重要業務をなるべく中断させず、また例え中断したとしても、許容される時間内に復旧できるよう、経営の観点から策定いたしました。
弊社は、栃木県県央地域の建設企業として、災害、事故等が発生した場合、出来る限り地域の救助、復旧活動に当たり地域の期待に応えるべきである。さらに、従業員やその家族、関係先各位のためにも、当社が相当の被害を受けても、極力経営を存続すべく努力いたします。

基本方針
1.社員・勤務者、来訪者等の生命・身体の安全の最優先とします。
2.二次災害の発生防止等、地域・関係者への配慮を確実に実施します。
3.地域の建設業としての共助、復旧活動に尽力します。
4.得意先の復旧を支援します。

事業継続計画を発動する災害
1.宇都宮市で震度6弱以上の地震が発生した場合。
2.本社所在の今泉地区周辺で大雨(90mm/h)等による周辺道路の冠水の恐れが発生、大雨洪水警報等が防災メールで発令された場合。

重要業務と目標時間
1.「関係する行政機関に対しての連絡調整」が取れること(目標時間:2時間以内)
2.「施工中現場の災害状況の確認・二次災害の防止」をすること(目標時間:半日)
3.「災害協定業務の着手」すること(目標時間:1日以内)
4.自社施工物件の点検と親密顧客の復旧支援(目標時間:初期訪問について5日以内)

wk_bcp2016" />災害協定締結団体
宇都宮国道事務所
下館河川事務所
日光砂防事務所
栃木県
宇都宮市

このページの先頭へ