会社概要

president

代表あいさつ

この度はわが社のホームページにご訪問いただき誠にありがとうございます。

渡辺建設株式会社 代表取締役の和知孝道と申します。
平成25年8月20日に第7代社長に就任いたしました。
昭和53年新入社員として当社に入社してから中間管理職そして役員と、この会社に38年育てていただいたと今も感謝の気持ちでいっぱいです。

弊社は、地域のお客様に「ナベケン」と呼ばれ、昭和26年創業以来信頼関係を築いてきたものと思っております。
これまで支えて下さったお客様には、これまで以上の信頼関係を確立するとともに、又、新たにお取引をいただくお客様も含め、更なる地域密着の姿勢で、お客様により良い満足を与えられる企業として、研鑽を重ね、品質の向上、環境の保全に取り組んでまいります。

社内的には、当社の最大の資源であり財産である社員の満足度を向上させることに重点を置いてまいります。
若い人の意見、気づきを十分に反映できる組織づくりこそが、しっかりとした経営基盤確立の柱だと思っております。
私自身も一社員から当社で喜怒哀楽をもって働いてまいりました。
どんな場面においても社員の気持の一番の理解者のつもりです。
私はこの経験を糧に、会社を一つにまとめ上げ、まだまだ厳しい経営環境を乗り切ってまいる所存であります。

これから建設業を目指す皆さん。
我々建設業は、社会資本の整備と、生活環境の向上のため、地域社会に無くてはならない重要な産業であると自負しております。
社会のインフラ整備は、これからの地域をしっかりと守りぬく重要な使命です。

行動指針は「社員全員が同じ目標に向かい、その目標を達成すべく営業・施工・事務が常に一体となりチームナベケンとして機能すること。当社の社員であることを誇りに思い、常に向上心をもって新たな一歩を踏み出し、無限の可能性を引き出すこと。」とし、当社の今期の経営方針は「今期当社は、適正利潤の確保を全力で追及する。強い営業力、積算力、購買力を最大限駆使し、顧客第一主義を徹底する。更に新たな需要と生産性を生み出し、ガバナンスの利いた継続的な成長企業への道を切り開くロジックを確立する。」です。
又、重点管理項目ついても沢山ございますが、当社を支えてくださっている協力会社の皆様方(渡辺建設共栄会)への発注比率を高めることを目指すことで、お互いの経営基盤を確立し共存共栄のできる絆を深めてまいります。

これらをしっかり実践することで、経営目標の達成につなげてまいります。
県内の情勢を見ますと、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けての、さらには、その2年後の栃木国体に向けたスポーツゾーンの施設建設、交通機関のインフラ整備、LRT導入に向けた様々な事業が本格的に動き出します。我々にとって景気感を感じられる事業に大いに期待を寄せているところでございます。

その一方で、我々建設業に求められている重大な使命は、東日本大震災や今年も熊本、大分地震による重大災害、年々加速する異常気象による甚大な被害の復旧・復興に最大限の力を注いでいくことで、安全・安心な生活環境を皆様にご提供していくことを必ずや果たしていくことだと考えます。

又、当社は、環境保全への取り組みとして平成27年2月に那須塩原市に保有する塩那支店跡地の遊休地を利用して1MWの太陽光発電事業に参入いたしました。地球環境保全に役立つ企業として、又、地域住民の皆様方と共生していくことで、当社の事業の柱の一つとして大いに期待しているところでございます。

現在は昭和26年創業以来67期を迎えておりますが、今後更なる資本政策を施し、しっかりと内部留保を高めていくためにも全役職員一丸となって目標に向かって取り組み、コンプライアンス企業として社内管理体制の強化、財務の健全化はもとより、企業価値の更なる向上に向け総力を挙げて邁進してまいる所存でございます。
何卒、皆様の更なるお引き立てを賜りますよう、切にお願い申し上げます。

代表取締役社長 和知 孝道






会社概要

創 立 昭和26年1月
所在地 宇都宮市今泉新町180番地
資本金 50,000,000円
決算期 5月
売上高 89億6375万円(平成26年5月)
従業員数 国家資格免許取得者(83名)
一級建築士(5名 )
一級土木施工管理技士(48名)
一級建築施工管理技士(25名)
一級造園施工管理技士(4名)
一級管工事施工管理技士(3名 )
営業品目 土木・舗装・建築・上下水道・ 賃貸マンション・造園植栽・測量・不動産・ガス配管・ アスファルト合材等
支 店 館林支店、東京支店
営業所 高根沢営業所、日光営業所、古河営業所
主要取引銀行 足利銀行、群馬銀行、筑波銀行、栃木銀行

事業所

本社         〒321-0961 栃木県宇都宮市今泉新町180番地
TEL 028-661-5551
館林支店       〒374-0024 群馬県館林市本町3丁目9番5号
TEL 0276-72-3585
東京支店       〒104-0041 東京都中央区新富2丁目4番4号パインビル
TEL 03-3553-0009
高根沢営業所     〒329-1233 栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺鷺ノ谷1940-1
TEL 028-675-8285
日光営業所       〒321-1261 栃木県日光市今市344
TEL 0288-22-1712
古河営業所
      〒320-0204 茨城県古河市下大野241-3
TEL 0280-92-5871
資材センター     〒329-1233 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末字上和田2028-2
TEL 028-601-7581
機械センター     〒321-0901 栃木県宇都宮市平出町橋場3081
TEL 028-661-5253
渡辺建設㈱・栃木共同アスコン㈱宇都宮工場
〒321-0901 栃木県宇都宮市平出町橋場3081
TEL 028-661-2605

会社沿革

昭和26年1月23日 創業 渡辺建設有限会社(資本金50万円)
昭和26年1月29日 建設業許可 栃木県知事(イ)第427号
昭和28年5月26日 組織変更 渡辺建設株式会社(資本金100万円)
昭和32年4月26日 建設業許可 大臣(ニ)第5463号
昭和33年2月27日 資本金の増資(資本金300万円)
昭和37年10月23日 資本金の増資(資本金1000万円)
昭和45年2月3日 資本金の増資(資本金3000万円)
昭和47年2月1日 資本金の増資(資本金4000万円)
昭和48年12月25日 建設業許可 大臣 特—48 第2595号
(土、建、大、と、石、屋、管、タ、綱、ほ、しゅ、内、園、水)
昭和52年4月1日 資本金の増資(資本金8000万円)
平成元年 渡辺建設40年の歩み」を発行
平成8年9月30日 資本金の増資(資本金10000万円)
平成12年11月20日 新規(特定)の許可(特−12)第2595号
平成18年7月31日 資本金の減資(資本金5000万円)

主要取引先

国土交通省     東日本高速道路㈱     雇用振興協会
農林水産省     都市再生機構       栃木県
財務省       首都高速道路㈱      群馬県
厚生労働省     雇用・能力開発機構    東京都
法務省       日本下水道事業団     各市区町村
文部科学省     水資源機構        国立病院機構
防衛省       各農業協同組合      各医療法人
宮内庁       全国農業協同組合連合会  各社会福祉法人
民間各方面各社

加盟団体

日本下水道管路管理業協会
栃木県アスファルト合材協会
宇都宮市管工事業協同組合
日本SPR工法協会
栃木県宅地建物取引業協会
群馬県河川協会
栃木県建設業協会
栃木県SF緑化工法協会
群馬県道路協会
栃木県舗装協会
栃木県建築士会
群馬県建設技術協会
栃木県造園建設業協会
栃木建築士事務所協会




このページの先頭へ